台湾旅行と母と女

 先月、25年ぶりに母と2人で旅をした。

 出発の2・3日前に母からパスポートが見つからないというメールが来て、案の定ちゃんと探したらあって

 空港の手荷物検査の後、上着を脱いだ母の胸元を見て「なにそれーっ! ブラジャーがくたびれてるの? それとも中身がくたびれてるの?」と言うと「人前でそんなこと言うんじゃないの」なんて珍しくもっともらしいことを言われ 人様はそんな下らない話を聞いているはずもなく

 飛行機が離陸してまもなく「わ~ もう台湾が見えるね」言う母にぎょっとして「何のこと? 離陸したばっかりなのに見えるわけないでしょ」と訊くと「え~ じゃあこの下に見えるのはどこなの?」「千葉です」というよくわからないやりとり

 窓からの眺めが青い空と雲だけになると なんだかすべてがどうでもいいような安らかな気持ちになる。

 3泊4日の間毎日けんかして母に振り回され、帰国後友人に話すと、うちもそんな感じだと言う。

 
f0231250_11365371.jpg


 これが最後の2人旅になるのかもしれない。

f0231250_11374291.jpg



  ある女の人のおはなし028.gif
[PR]

by boushiseijin | 2015-11-08 11:40 | trip