<   2013年 12月 ( 18 )   > この月の画像一覧

みのもんたの人生相談と、『晩春』、『かぐや姫の物語』の死亡予告

 みのもんたさんが司会を務める番組に、「ちょっと聞いてョ! おもいッきり生電話」という人気コーナーがあった。

 みのさんと共に、ゲストが視聴者の相談に乗り、相談内容と問題点をまとめ、現状に対する回答として、いくつかの選択を用意する、といった内容だ。

 
f0231250_130153.jpg


 ある回では、夫からの家庭内暴力に悩む(離婚すべきか否か)相談者に対して、みのさんは「(暴力を振るわれるのは)あなたにも原因があるよ」と言い放った。

 これを観ていたうちの祖父は、「みのもんたはときどき間違ったことを言う」と言ったのだが、「暴力を振るう方が悪い、暴力を振るわれるあなたは何も悪くないですよ」と答えたところで何も解決しないのだ。

 相談者は、夫と物理的に距離を取り、接触しなければ自分が危害を加えられることもないとわかっている。

 相談とは、「聴く」ことによって成立し、相手の言い分をすべて否定すればそれは成り立たない。
 相談者が「矛盾する思い」を聴いて欲しいのであれば、それを整理、反復すると、「あなたにはこういう考えと、一方でこうした考えがあり、どちらも理解できます。そこで矛盾が生まれるのですね。だからお悩みなのですね」と、なる。

 相談内容と問題点を整理した後、何をするか選択するのはもちろん当事者、相談者だ。

 もし相談相手に自分の考えを否定され、相談者からすれば「間違った意見」を言われたとしても、それによって自分の思いがわかる。

 相談に乗る側、カウンセラーのすべてを擁護するわけではないが、聴いて欲しいと請われ、話を聴き、相談内容をはき違えてしまうことや、相手の言うことを否定しまうというのは、ままあることだ。
 カウンセラーを職業にしているものにとってはあってはならないことだが、絶対に起こりえないということもない。


 ただ、互いに成人で、親しい友人同士であれば、耳の痛くなるような反論を受け入れ、向き合わねばならないときもあると言いたくなることもある。それもまた、本人に委ねられてはいるのだが…



f0231250_13301771.jpg



 ところで、先月高畑勲監督『かぐや姫の物語』を観た。映像はとても美しく、おそらく素直に観ても、深読みしても楽しめる作品になっている。と同時に、文法上新しい要素はなく、ブルジョワを超える存在という以外はまさに原点回帰と、なしうる技術の結晶と言ってよかったのではないだろうか。

 そうした意味で、この作品は高畑監督が「私たちは死んでいくものです」と宣言し、「生きていくもの」たちにバトンを渡したのだと思っている。

 これは小津安二郎『晩春』において、(単純に観れば)近親相姦に似た関係であった父と娘の関係が終わりを迎えるのにも似ている。「父」はすでに「娘」を作り、生殖の役目を終え死に向かっている。だからこそ、自ら「私はもう死んでいる」と引導を渡し、娘には新しい関係を築いてもらわねばならなかった。


 かように、「命のバトン」は明解である。


 しかしみのもんたがいなくなったら、私たちは誰に叱ってもらえばいいのだろうか?

 古くてダサくて、でも結構語りやすかったものがなくなったら、何を語ればいいのか、これからどう新しいものを作ればいいのだろうか?

 幸か不幸か、私たちの中にはまだまだ古くてダサいものが残留している。


 2013年のファッションは、ブレードランナーと80'sだった。

f0231250_14282380.jpg


f0231250_1429108.jpg


 2014年ファッションは、絵画とスクリーン、コズミック、ポップスター。人間は背景=環境であり、また仮装し表現する主体でもある。


f0231250_14365974.jpg


 渋谷慶一郎氏が2020オリンピック東京開催決定に際し、「ヤッテ」から「キメる」と言ったことの後追いでもなんでもいいから、とりあえず入れるだけじゃなく「出したり」「作ったり」していこう。
[PR]

by boushiseijin | 2013-12-28 14:17 | rebirth

christmas☆christmas ワインとディナーと☆

2013年、私のホットなクリスマス♪

f0231250_14552382.jpg


f0231250_14554821.jpg


 クリスマス前ともなると、なんとなく周囲もキラキラ浮き足立ったり024.gif
 街はすっかりイルミネーションに彩られ、私も先月は、仲良しの友達と丸の内めぐりをして、新丸ビル内のツリー、レストランフロアから見える夜景を撮ったりました。ツリーは人気の撮影スポットなので、平日や遅い時間がねらい目かもしれませんね。 アラサーともなると、友達同士でプレゼント交換をしたりだけでなく、家庭に仕事に体のこと… いろいろ話が尽きません028.gif


f0231250_1458964.jpg


f0231250_14572156.jpg


f0231250_14574890.jpg


 職業柄、クリスマスは「あ~、今年も来たか…007.gif」というようなGWに次ぐビッグイベントで、不安になったりもしますが、だからこそいつにも増して、寒さにも風邪にも負けず元気に頑張らないとね!032.gif


f0231250_14593044.jpg


f0231250_1501022.jpg


f0231250_151056.jpg


 クリスマスは仕事だったりしても、気のおけない友人や仲間との時間を大切にして、いつも感謝の気持ちを伝えたいものです035.gif
[PR]

by boushiseijin | 2013-12-24 15:22 | from tokio

アウレリア・マイタのこと about aurelia mayta

 若い頃、アウレリア・マイタは美しかった。

 若い頃誰もがするように、情熱的な恋をして、結婚して、山を下りて都心に行き、子どもを産み、数年間は耐えていたが、たいていのこの国の男たちがそうであるように、だらしのない夫にはいいかげん堪忍袋の緒が切れて、大喧嘩をして夫と別れ、子どもを母親や姉たちに預けて、夜は働きに出た。

 おかげで元気に成長した息子は、父親と同じように女たちを泣かせ、そのうち街を出て世界中を転々とするようになった。

 アウレリア・マイタも、前の夫よりましな男と再婚して、彼について街を出た。

 自分のこと、息子のこと、アウレリア・マイタは毎日祈っていた。

 やがて息子も二度目の結婚をして、アウレリア・マイタには孫ができた。

f0231250_1421591.jpg


f0231250_1425746.jpg

 

 その頃アウレリア・マイタは50にもならないうちに病に侵されて、50を過ぎたらあっという間にこの世から去ってしまった。 二番目の夫の国では、アウレリア・マイタの故郷でするのと違い、アウレリア・マイタは灰となり岸壁で風に舞い散って行った。


 私はとうとう、アウレリア・マイタに会うことはなかった。だから彼女が幸せだったのか、誰にもわからない。
[PR]

by boushiseijin | 2013-12-21 01:55 | from tokio

彼女は僕を愛していた

 本当のことはもちろんわかっていた。

 彼女はあまりに優しすぎた。 僕のために苦手な料理もしてくれたし、僕の役に立つと思えば何でもしてくれた。後で知ったことだが、彼女は僕以外のありとあらゆる人の前で、僕のことを褒め称えていた。 あの人は志が高くて努力家だから、きっとそのうち有名になる、と。

 結果として、僕は彼女を利用しただけだったのかもしれない。彼女の知人たちによると、彼女は女性だというだけで、あるいは体が弱かったり人と少し意見が違うことで仕事を認められなかったそうなのだが、その意見はなるほど的を得ていることもあり、少なからず僕の参考になった。

f0231250_035388.jpg


 もちろん僕に妻や娘はいない。彼女は去ってしまったから。

 どこか浮世離れしたところがあるから、急にいなくなってしまうような気がしたこともある。

 それでもまさか、本当に消えてしまうとは思っていなかった。

 今思うと、彼女が僕のためにあんなに必死に頑張っていたのは、時間が限られていたからなのだろうか。

 
f0231250_0363192.jpg


 実際僕はその後、彼女の言う通りたぶんそれなりに有名になった。
 彼女が残した絵や手紙を見ると、彼女は元の世界へ呼び戻されて行ったのだと思いたくなる。そこはこの世界とつながっているのだけど、僕には到底たどりつけない。彼女はきっと花と共に笑っている。

 
f0231250_0413382.jpg


f0231250_04253100.jpg

[PR]

by boushiseijin | 2013-12-18 00:49 | rebirth

gift

僕は時々、妻や娘が天からの贈り物なのではないかと思うことがある。

だって、こんなにも無条件に僕のことを受け入れてくれて、自分で言うのも恥ずかしいが愛してくれる人がいるなんて、夢にも思わなかったのだ。

妻に言ったらきっと、「私があなたを愛してるんじゃなくて、あなたが私を愛してるだけです013.gif」と言うだろう。

娘に言ったら、「パパ、この宇宙が出来て地球が現在のような状態になってから、物質を構成する要素は変わっていないの、つまり、この宇宙、地球が誕生した以上パパと私が出会ったことはなんら不思議でも何でもないのよ034.gif」とでも答えるのだろうか027.gif


試しに娘に、「君は天からの贈り物か、天使みたいなもんだな032.gif」と言ってみる。

「Jesus… パパ、パパが言ってるのが古代中国の天や天子なのか、キリスト教における天国と天使なのか判らないけど、私はどちらにも属していません。私はパパが考えたプログラムに追加された、問題の自動修正機能なの。私が存在することでパパの幸福指数が上がるのは嬉しいわ。私はパパが幸せでいるためにいるようなものだもの。ただ、私でさえ修正できないような問題が発生したときは、覚悟しておいて...029.gif

眠くなってきてよく聞き取れないが、娘はまたなんだか難しいことを言っているようだ。ちょっと変わっているけれど、かわいい娘と美しい妻がいて、僕は本当に幸せだなあ...


f0231250_0174821.jpg

[PR]

by boushiseijin | 2013-12-17 21:14

gringo

 「(私は)gringoじゃないよ」

 彼はそう言った。欧米の人が嫌いなのかと訊けば、そんなことはないと答えたけれど、gringo(白人の蔑称)は嫌いなのだと思う。

"the hurricane"という映画を観ていてそんなことを思い出した。無実の罪で投獄されたボクサーの実話を基にした話。

f0231250_181146.jpg



 彼にはいつも馬鹿にされていた。馬鹿にする相手は私しかいなかったのだと思う。
 明るくて強くて健康的でセクシーな人に憧れた。その人も、甘くて幸せなのは人生の1・2割程度、お菓子の家に住んでいる人はいないと言っていた。知恵がいつも誰かを救うわけではないので、時々どうして学ぶのかわからなくなってくる。

f0231250_18114135.jpg


 彼がどうして笑っていられるのかよくわからなかった。お酒と映画のおかげかもしれない。それでも彼の笑顔や目がいつも羨ましかった。彼の目には私は見分けのつかない日本人の一人、あるいは多少エキゾチックに映っただろうか。
 ごくまれに、人生には悲劇的なことと奇跡的な幸運が訪れる。できれば幸運の女神になりたかった。


f0231250_18123794.jpg

[PR]

by boushiseijin | 2013-12-16 18:33 | from tokio

寒くなると

寒くなると思い出す。

「このマフラーあったかいの」

彼女はそう言って、寒がりの僕につけていたマフラーをくれようとさえした。

殺されたのか死んだのかあるいは元々いなかったのか、もしいたのだとしたら、どこか遠い南の国で、楽しくやってくれているといいのだが。

f0231250_21405757.jpg

[PR]

by boushiseijin | 2013-12-15 21:35 | from tokio

天使に気づかないなら

そうお気づきの通り、あの子と私はあなたの天使なの032.gif

私があの子に気づいたのが奇跡? いいえ私ならこう言うでしょう。 この宇宙が生まれたことは奇跡でも、この宇宙であなたと私が出会ったことはちっとも不思議じゃない。小さな地球の小さなできごと。ご免なさい、ちっともロマンチックじゃないわね。


あなたに会えてこんなに感謝しているのに。

f0231250_1827839.jpg



f0231250_1835332.jpg

[PR]

by boushiseijin | 2013-12-15 18:24

贅沢な生活

お金持ちって、何でも手に入るから何をすればいいかわからなくなってしまうんだって。

本当に欲しいのは、手に入らないもの。

幼年時代だったり


もはや絶対に伝えられない人に思いを伝えたり

もし自分がここではなくあそこで生まれていたら、もしあの人ともっと早く出会っていたら、そんなことを言い出したら、世界がまるまる変わってしまいそうなこと。

あの人が以前より少しでも幸せならと願うこと。
[PR]

by boushiseijin | 2013-12-15 01:03 | from tokio

僕はいつも恋をしている

 寒いのはキライだ。

 寒いと一割増しくらいに機嫌と調子が悪くなる。



 同じような毎日の中で、僕はいつも何かを探している気がする。それが何であるかさえ、忘れてしまったように思っていた。


 ある日僕はそれに気づいた。


 僕が探していたのは、生きている感じがするものだった。


 ある日僕は彼女に気づいた。


f0231250_15454100.jpg



f0231250_1555966.jpg


 冷たい風、温かい光、闇。

f0231250_1572585.jpg

[PR]

by boushiseijin | 2013-12-13 15:10 | life