<   2014年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

『MONSTERZ』に見る、映画の恐怖体験と魅力

 先日、地元のシネコンで友人と映画『MONSTERZ』を観てきました。

f0231250_12444798.jpg


 TOHOシネマズ®マガジン の上映作品紹介では

❝ひと目見るだけで他人を操る能力を持つ男と、その力が唯一通用しない驚異的な回復力を持った男の対決を描いたサスペンス・アクション❞と書かれています。

 実際に鑑賞してみると、目で人を操る名前のわからない殺人鬼(藤原竜也)、対してただの不運な男と思いきや、異常な回復力で死ねない正義漢・柊一(山田孝之)のバトルが中心なのですが~

 窓から人が落ちる 歩道橋から赤ん坊が落ちる

刑事が撃ち殺し合う

 終盤にいたっては、劇場内の観客がどんどん2階席から落ちて頭から血を流すという

 ジャンル的にはサスペンスというより、完全にホラーな印象。

 純粋無垢なヒロイン・叶絵(石原さとみ)を加え、同時に男同士の憎しみと友情、三者三様の家族に対する関係と思いを描いています。

 この主要な登場人物の三人、実は両親のどちらか、あるいは両方と死別しています。
 人はみな、「見えない」悩みや心の闇を抱えているのかもしれません。

 では人が転落したり、喧嘩をしたり、殺し合ったり、死ぬから怖いのかというと、それだけではない。(ヤクザ映画との比較)

 『MONSTERZ』の怖さのカギを握るのは、「日常性」です。東京都内および郊外の、よく目にするような道、古い建物、ホール。
 日常の風景の中で、どんどん殺人が行われるために、観客は自分の日常と恐怖体験を重ね、引き込まれます。終盤、劇場で観客が落ちていくシーンは映画館とダブり、この映画は劇場で観る人とそうでない人とで鑑賞体験が違います。劇場から外の世界に戻ると、日常にはあんな恐ろしいことがなくてよかったと思うのではないでしょうか?

 もう一つのポイントは、「非日常性」、「フィクション」の要素。
 まず名前のわからない男は、目を見る者を操る「超能力者」であり、さらにその力で人を操るときには、目が「青く光る」のです。そんな人、日常にいませんよね?

f0231250_13443812.png


 『MONSTERZ』の宣伝や作品紹介に魅かれて映画を観に来た人は、この「非日常性」の部分に魅かれて来たはずです。
 ところが、映画の中で超能力者を取り巻くのは、常に日常的な風景です。さらに主人公が「見た目は特別でない」のに、見えない力=特異的な回復力を持っています。これによって、超能力=日常的でないものが日常的なものに近づき、観客は見えない力が自分にもあるかもしれないと錯覚し、登場人物に感情移入します。

 時に人はないものねだりをして、「見えない力」に憧れるもの。映画を観て、自分にも超能力があるのでは? もしあったら? と想像してしまいます023.gif

 
 『MONSTERZ』の元ネタと言われている映画『キャビン』や『死霊のはらわた』、『キューブ』、また同じホラーでも『キャリー(リメイク版)』と比較してみると、構造や演出の違い、共通点が浮かび上がって面白そうです。



 ちなみに心理学ではドキドキ、ハラハラ、不安感、暗い場所は、デートで親密さを上げる効果があるとされていますが、映画館は会話ができないので、気分を盛り上げるのには不向きなんです。ただし、会話が苦手な人は、ドキドキするような恋愛映画で気分を盛り上げるのもいいですよ!016.gif cf.齋藤勇『本当の「私」がわかる 自分の心理学』
[PR]

by boushiseijin | 2014-06-16 14:34 | from tokio

【ゲームシナリオを書こう~裏側SP!~】#ゲームシナリオ let's write a game scenario!

お次は笹成さん。 

 ゲームシナリオ 大募集!
 キャラ50体 お願い!
 セリフ200個 ちょーだい!
世界観 下さい。

 ならばそのキャラクターは、どんな場面で、何をしようとしているのか? どんな人物関係、どんな環境に置かれているのか? 徹底的に訊いてみる。
  学園もの、戦隊ものなら リーダー、サブリーダー、力自慢、頭脳派、トリックスター・狂言回し、博士、助手、助っ人、はたまた謎の存在X…


 
 何でもいいから、かっこいい、かわいい、俺が気に入るような面白いセリフ作ってよ。

だと?021.gif
そこは プロなので何でも書けるようにする

例えば、好きという言葉を一切使わないメロドラマ
「月が綺麗だね」 「お前を殺して俺も死ぬ」
(「好き」という単語を使わずに「好き」を表現するためのバリエーションを増やせ!)

 野球の試合プロセスを表すのに、「開始!」なのか、「プレイボール!」なのか、「得点!」なのか「ホームイン!」なのか?


 システム、コンテンツ先行で世界観は後付け? 結構。
 格闘ゲームなら、なぜ戦うのか? 
 友達作り、願いを叶えるため、運試し…

 音楽ゲームなら、なぜやるのか?
 人捜し、就職活動、企業戦争?

 とにかく面白くしたいなら、つまらないものは全部なくす。すると、必要な要素がわかる。だいたいにおいて、面白いってなんだ? 理屈じゃない、もっと感覚的なものじゃないのか?
 ストーリーなんて要らない、なぜなら、物語はプレイヤーの体験にあるのだ。
 必要なのは、プレイヤーが想像をふくらませる物語性である。

f0231250_11235051.jpg



 続いて、鈴木さんは、なぜゲームの企画をすることになったかに始まる。

 某ファンシーグッズの会社でOLをして数年、ゲームブーム到来、とにかく新しいことがやってみたかったという鈴木さんは、友人らとゲーム作りを始めたそうだ。当時は「企画」担当という分担すらなく、プログラミングの基礎からご自分でやっていたというから驚き。

 そして、ミステリーゲームの制作へ
 ミステリーとゲームは相性がいい。なぜならそこには、ルール、謎、パズルがあるからだ。
◎キャラクターを作るには?
 思い入れ、テーマ、モチーフ、素材が必要。
 また、探偵役はプロフェッショナルでも、天才でも、ヒーローである必要もありません。相棒が一人である必要もありません。
 なぜなら、主人公はプレイヤーとかけ離れてはならないからです。

◎主人公のプロフィールを作ってみよう!
 どんな 過去、経歴、魅力的な欠陥、能力、謎、 事件とどのように関わりがあるのか
 そして伸びしろと余白も重要。ここでも、プレイヤーが想像をふくらませられることが鍵となります。

 『ラストウィンドウ』では、1979年のアメリカを舞台に元刑事の寡黙なセールスマンを主役に。この設定で、20代~30代の女性ユーザー獲得に成功します。

f0231250_1112416.png


 『アナザーコード』では、日米ハーフの少女が主人公。父と子の複雑な関係を描きます。海外展開に際し、何歳以下の少年・少女を一人で家に置いてきてはならないという、日本にはない州法を視野に入れねばならず、登場人物の年齢を替えたこともあったとか。まさに「アナザーコード」ですね!

f0231250_11124140.png



 最近では、TVドラマ『MOZU』の喫煙シーンまでも、放送コードギリギリ? と話題に。

f0231250_11131965.jpg


 最後に、鈴木さんにとって、ゲームの主役とは何か?
 「愛すべき唯一無二の相棒」
 「徹底的につきあう相手」
 こういう気持ち、思い入れを持って、一生の覚悟で考え、つきあうものなのです!


トリは米光さん

 ゲームシナリオを書きたいなら、まず物語構造を知るべし。
 映画の感想をメモして、人に伝えなさい。インタビューやメイキング映像も観て、調べてみなさい。人に伝えるときは、ただ言うのではなく、面白く伝えなさい。

 作品の構造をよりよく知り、楽しむには

◎映画やドラマの登場人物のキャラクターシートを作ってみよう!
f0231250_11143224.jpg


◎連ドラの続きを考えてみよう!

 EX.『半沢直樹』、『佐粧妙子』、『古畑任三郎』、『刑事コロンボ』、『LOST』。『刑事コロンボ』は冒頭に犯人が現れ、誰が犯人かわかっているのに、なぜ面白いのか? 先の読めない意外な展開。改めて観て、比較すると、シナリオの巧さがわかる。

◎小説の先を読むトレーニングをしてみよう
宮部みゆき『ステップファザー・ステップ』
乙一『暗い所で待ち合わせ』
恩田陸『夢違(ゆめたがえ)』

◎ハウツー本を読んでみる

例えば、上記の乙一さんが手本にした
『映画を書くためにあなたがしなくてはならないこと シド・フィールドの脚本術』や
中島梓『小説道場』
野田昌宏『スペースオペラの書き方』
君塚良一『脚本通りにはいかない』
涼元悠一『ノベルゲームのシナリオ技法』
大塚英志『物語の体操』

f0231250_11151868.jpg


◎TRPG(テーブルトークロールプレイングゲーム~ゲーム機やコンピュータを介せず、紙や鉛筆、サイコロ、人間同士の会話とルールブックに基づいたルールで行う対話型のRPG)のマスター(進行役)をやってみよう!024.gif

f0231250_11423087.jpg

f0231250_1134072.jpg


◎映画の別バージョンを3つ考えてみよう!
◎今ここで急に、自分に絶体絶命のピンチが訪れたら?と妄想してみる048.gif
◎タロットカードをやってみよう!
◎句会に参加してみよう!(米光さんが出る公開句会「東京マッハ!」の宣伝)

 途中、米光さんが23年間(!)温めているという「フロイト」を描いたゲームの構想
についてもチラリと。『夢判断』であまりにも知られた精神分析家、ジークムント・フロイト。
彼の精神科医としての側面だけでなく、友を失ったエピソードや恋愛、自身のトラウマ体験といったパーソナルな面にもスポットを当てて人物を描いているようで、期待度大です。

映画のオーディオコメンタリー(出演者・スタッフによる解説トラック)を観よう
f0231250_11174772.png

f0231250_1118638.png

f0231250_11182284.png


同じ作品を3回観よう
①ただ作品を楽しむ、楽しまされている
②伏線に気づく
③メモを取り、分析しながら観る

◎カメラの位置、アングルを換えて、別の視点から観る
◎色であったり、セリフの語尾であったり、その都度一つのことに注目して観る。
◎分析力を養うために、今日一日を思い出し、分析してみる。

 なるほど、以前読んだ『恋人たちの予感』、『ユー・ガット・メール』の脚本家ノーラ・エフロンのエッセイにも、重要な事柄、伏線になることは作品中に3回は出てくると書いてありました。観客、あるいはプレイヤーはそうした伏線を通して作品を理解しますから、分析して初めて、どのような演出技法によって自分が楽しまされていたか気づきます。作り手にとって、演出ポイント、演出技法を分析し、知ることはとても重要なのです。

 以上盛りだくさんのトークイベントでしたが、青弓社『ゲームシナリオを書こう!』もちゃんと買って読んでねということで、こちらで語っていないゲーム作品の裏話諸々や、エクセルベース・テキストエディタベースのシナリオサンプルなんていうのも載っていて、面白いだけじゃなく実用的なんですよ!
(文責:村山 悠)
f0231250_1119417.png

[PR]

by boushiseijin | 2014-06-13 11:36

【ゲームシナリオを書こう~裏側SP~】前編 #ゲームシナリオ

 6/7(土)於:阿佐ヶ谷ロフトA

 【ゲームシナリオを書こう~裏側SP!~】と題し、青弓社『ゲームシナリオを書こう!』の編著者:川上大典(たいてん)さん、著者:鈴木理香さん、笹成稀多郎さん、門(もんがまえ)司さん、米光一成さんが、制作秘話やシナリオ作成のイロハを語るトークイベントに行ってきました。

 
f0231250_16585046.png


 登壇者全員の自己紹介の後、初めにお話をされたのは、編著者の川上さん。
 
 ゲームシナリオに大切な
ものは

 ◎実験性
 ◎文学、映画(とにかくたくさん見聞きして、演出法を学ぶ)
 ◎粋なセリフ

 だそうで、『ONE~輝く季節へ~』制作の98年当時は、「心理」が時代のキーワードになっていたそう。(後述する米光さんのお話には、フロイトも出てきます。)

 ランボー(マッチョじゃない方=詩人)の『永遠』や、村上春樹『世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド』の影響を受け、「永遠」や「日常(この世界)と非日常」を意識したそうです。

 実験性といったところでは、ゲームのキャラクターが障がい者であるという設定であったり。
 
f0231250_17403259.jpg
 
 

 これは北野武『あの夏、いちばん静かな海』の影響だとか。
 
f0231250_17184932.png


 ONEのキャッチコピー「心に届く」は、筒井康隆『家族八景』の七瀬(テレパス)の影響もあり、目に見えるものだけが正しいわけじゃないという、純愛への伏線にもなっています。

 他の登壇者の方も仰っていましたが、参考になる面白い本や映画をたくさん読んで、観て、学びましょうと。
 それが→「粋なセリフ」にもつながるわけで。

 また、文学や映画では表現が難しい構造、ループもの(同じ場面・展開を繰り返す)なんかはゲームシステムが得意な分野なので、そういったシステムを活かそうということも仰ってましたね。

 

 続いて二人目の門さん
 
 大事なのは模倣(まねぶ)すること。 その上で、何がよくて何が悪いのか、面白いものとそうでないものを判別すること。

 そして、ゲームシナリオ(あるいは企画書)を担当者に読んでもらうためにはどうすればいいか?

 家が遠い、終電の時間が迫っている、納期が迫っている、機嫌が悪い

 そんなときでも読んでももらうための最初の一文、タイトルとは?

 ここでまた ベストセラー本に学ぶ(先が読めない展開、謎、テンポ、センス)

 角田光代『キッドナップツアー』「五年生の夏休みの第一日目、私はユウカイ(=キッドナップ)された。」
 太宰治『パンドラの匣』「君、思い違いしちゃいけない。僕は、ちっともしょげてはいないのだ」
 中島らも『お父さんのバックドロップ』「やっぱり空手だよね」
 コナン・ドイル『ボヘミアの醜聞』「シャーロックホームズにとって、彼女はいつも「あの女」である」
 
 『デスクリムゾン』「それは10年前であった…」
 
f0231250_18153869.jpg


 で、門さんが即興で作った 『理不尽』「俺の毛を返せ」、『ときめきリアルデブ』「16階から落ちても死ななかった、バウンドで大気圏突破だ!」なんかを会場の方々に担当者なら読むか読まないか判定してもらい~の

 門さんは言いました「オタクは変に客観的なんだ」そこに米光さんが「おかしなこと言ってる自分を斜め上から観てる自分がいるよね」とたたみかける

 そうです、説明する対象に愛があるなら、客観性を持って、相手のことを考えて伝えなきゃ伝わらないんだよおぉぉ!034.gif

 以上、メモ書きが雑だし記憶にあやふやなところもあり、内容とお話しされた方が合っているか不確かですが、後半に続きます。

 休憩中、米光さんにゲームの黄金期は私よりちょっと上の世代で終わったイメージがあると話したら、当時の隆盛が異常だっただけだよ~と言われ、モヤモヤ。来場してた友人に、今の日本のRPGつまんないって言われてるけどなんで? って訊いたら、今は海外物がヒットしてるからですよと回答してくれて、ちょっとすっきり。
[PR]

by boushiseijin | 2014-06-08 18:46 | from tokio

ハンバーガーカフェ

おいしい旬のグルメレポ&お気に入りランチスポット!

 先日のお休みは、友人と地元聖蹟桜ヶ丘の《カフェ ガーデン》へ行ってきました!

 いろいろな種類のハンバーガーと、トッピング、ご飯ものやサラダなどのおつまみメニューがあるんです。

 
f0231250_16162042.jpg


 私はオーソドックスに定番のハンバーガーを、友人はゴルゴンゾーラチーズバーガーを頼みました!011.gif

 ナイフとフォークで切り分けて食べるもよし、テーブルに置かれたハンバーガー専用の紙に包んで食べるもよし、つやつやのバンズに、期待に負けないビーフパテが美味でした016.gif

 店内にはマキシマムザホルモンさんや、永山絢斗さん、MEGUMIさんのサイン色紙もあり、テレビでも紹介される隠れた人気店のようです。

 野猿街道で八王子方面を通る際や、アニメ『耳をすませば』ファンで聖蹟桜ヶ丘に行ってみたいという方はぜひこちらへ!001.gif
 デパートやスーパー、家電量販店もあり、お買い物にも便利です035.gif
[PR]

by boushiseijin | 2014-06-03 16:27 | from tokio